サステナブル

土地に息づく自然を大切に、環境負荷を抑えた
住む人が心地よく暮らせる[サステナブル]な住宅地計画。

プロジェクトのコンセプトは「サステナブル」。
この土地が持つ環境価値を活かし、将来にわたって快適に住み継げるエコフレンドリーなまちづくりを実現するために、我々が採用したのが自然エネルギーを利用する[パッシブデザイン]です。産・学・官が一体となった1年間にわたる環境調査をもとに、夏場の暑さも軽減できる、この場所に見合ったランドプランや植栽を計画することで、爽やかな風が吹き抜ける住環境を実現し環境負荷の軽減をかなえます。

このプロジェクトは、住宅・建築において省エネ・省CO2対策の先導的な技術の普及啓発を図るため、 「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に公募し、国土交通省に採択されました。

パッシブデザイン

自然エネルギーを活用した快適なパッシブデザインの住まいづくりを目指します。

サステナブルな街づくりのために採用したのが、自然エネルギーを利用する「パッシブデザイン」です。特に消費電力がピークになる夏場の快適性を重視し、夏の卓越風や雨を利用した心地いいランドプランや、緑多い土地の履歴を彷彿とさせる豊かな植栽を計画。夏も爽やかな風が吹き抜ける住環境を実現して環境負荷の軽減をかなえます。

自然エネルギーを活用した
様々なパッシブデザインの手法例
  • 風 地域の卓越風・季節風の利活用 防風 温度差を利用した空気の流れの創出
  • 緑 陽射しの取り込み(冬)遮蔽・緑陰の形成(夏) 植物の蒸散(打ち水的作用)の利用 風の偏向、防風
  • 水 蒸発冷却(打ち水)による地面や壁面の冷却、涼風の生成 防風 ミスト散布による空気の冷却

先進のエコ技術

風や光、住宅周辺の身近な自然を
住宅空間に取り込む設計。

パッシブデザインを採用した快適なまちづくり。その考え方を住宅にも取り入れ、建物の配置や開口部は、たっぷりと陽射しが入り、住まい中を風が吹き抜けるように設計。住まいの内と外をつなぐデッキやバルコニーなどの中間領域は、街路樹や公園の植栽と連続するように配置し、家の中にいながらも自然の心地よさに包まれる暮らしを、まち全体で目指します。

自然の力と先進のテクノロジーを活用した、省CO2と防災の両立に関する課題解決。

パッシブ設計による自然エネルギーの利用に加え、【太陽光発電】や【エネファーム】、【3電池】などの先進のテクノロジーを活用することでCO2排出量の削減はもちろん、経済性・防災性も兼備。環境だけでなく、暮らしの安心にも配慮し、様々な課題を総合的に解決します。

「3電池」でエネルギーをつくる、ためる、ムダなくつかう。

[経済性] 3電池なら、購入電力を大幅に削減 [環境性] 圧倒的なCO2排出削減効果
[防災性] 停電時にも3電池による電力供給で安心 [設置性] スマートエネルギーハウス蓄電池は
小型システムで業界最小の設置スペース※

3電池

  • ※「3電池」は大阪ガス株式会社の登録商標です。
  • ※既販品(PCS一体型)の中で、業界最小の設置スペースを実現。(2017年9月現在 大阪ガス調べ)狭いスペースにも設置が可能です。

住宅メーカーの住まい

長年にわたり業界をリードするハウスメーカーによる区画開発。

地域の特性を活かした街づくりを実施する「ミサワホーム」と、品質を追求した住まいづくりを目指す「トヨタホーム」による共同開発。 その豊富な実績とノウハウを結集し、住まう方がいつまでも心地よく暮らせる、安全で快適な街を創造します。

街の開発にあたって
「まちづくりのガイドライン」を制定。

まちの開発に当たって調査・検討した内容や建築設計の目的をご理解いただき、環境保全や建築設計に関するルールの周知のため、もしくは、この街の環境価値を将来にわたって維持管理するために「まちづくりのガイドライン」を作成。住宅メーカーとして、このまちづくりにかけた理念だけでなく、住む人の安心性や快適性にも寄り添う【将来に向けて守り・育てるためのまちのルール】の制定を行なっています。

  • 住宅メーカーだからできる「安心の住まい」を新築分譲住宅

  • 家族の夢をかなえる「あなただけの住まい」を建築条件付分譲宅地